4/1(木)

新年度、そして各企業が創意工夫を凝らしたエイプリルフールネタを楽しむ日だったが、わたしは切迫していた。

 

 

まつげエクステが取れていく。実は初日に1本抜けていたのだが今週に入ってどんどん地毛と共に抜けている。「換毛期」という言葉が頭をよぎった。抜ける箇所もバラバラ。マツエク初心者なのでおっかなびっくり80本しかつけていなかったこともあり、現在は黒目の上にかろうじて数本残っているのみだ。

店員の言葉を鵜呑みにして追加料金を払い「取れにくい」と話題の接着剤をつけたけれど、本番である土曜日を前にしてマツエク代がほぼ無駄になってしまったことのショックにめまいがする。同時に世のマツエク常設している人々の経済力の太さに驚嘆した。

マツエクはイベントの1週間〜直前に。どんなに強力で最新技術の接着剤をつけてもそもそも自まつ毛が2週間で生え変わるので「1か月は持ちます!」という営業トークを鵜呑みにしてはいけない。この二つの知見を得るのに6000円かかってしまった。これなら当日はつけまつげで十分だった。6000円あれば靴を買い直せたのでは……。*1

 

今回はわたしの数少ない友人グループの中でも特に懇意にしている友人の結婚式なので、結婚式出席準備にかこつけて未開拓のジャンルだった美容関係に挑戦してみた。

 

今のところ満足している挑戦もあるので、いいところを見つけて成功体験を褒めてあげようと思う。

髪→いつもの美容院でパーマを当て直してもらったので不動の安心感。当日の髪型も決めたのでプロにお任せするのみ。

コンタクトレンズ→見える世界が違う。美容院で今までぼんやりとしか見えなかったカットやパーマの様子、手渡される雑誌がメガネオンと同じ状態で見えることに感動した。

ネイルアート→可愛らしい装飾が常に目に入るので日常に「Twitterで相棒キャラがほのほぼしているイラストを拝見したような」和みポイントが追加される。

ドレス・アクセサリー→写真に撮ったドレス姿を見た別のグループの友人に「バブリー」と称された攻めたデザインのドレス。今まで挑戦しなかった黄色なので、ネイルやアクセサリーも黄色を取り入れたデザインにした。地味顔+頼みの綱のメガネもないので、果たしてメイクでどこまでドレスの存在感に負けない顔を作ることができるのか!?

御祝儀袋→友人のイメージに沿ったデザインを選ぶ時間が楽しかった。

 

………よし!!!だいぶ気持ちが落ち着いてきたぞ。

招待してくれた友人の顔に泥を塗らないことはもちろん、最大限の祝福する気持ちを持って表現することが1番大切なので上にあげた挑戦は完全なる自己満足。そんなことよりかんじん要のスピーチの完成度が未だ70%という現実…。でも、ね、ほら、大手を振っておしゃれしてお出かけする予定を立てにくい昨今。めちゃくちゃ貴重な機会なんですよ。少しでも身綺麗にして、自己肯定感を上げたいっていう願望も満たしたい!!!

 

 

前日である金曜日の晩に一緒に出席する友人達と前泊する。常日頃から仕事もオタ活も美容もおしゃれも全力で楽しむ彼女たちにご教授願いながらまつげ問題にけりをつけたい。

 

 

 

 

*1:購入した靴

 

ma00720.hatenablog.com

 のヒールが太すぎでは?問題。細くて高いヒールこそマナー!という文面をインターネットで目撃して以来モヤモヤしている。そりゃ動物の皮を使っていたり爪先が出ているデザイン(関係ないけれどNG理由として「妻が先に出るというので…」という文面をよく見かけた。断り書きを書くかアップデートの必要性を強く感じる。)といった直接的にマナー違反ではないけれど、こういうあいまいなラインが気になってしまう。